トンカットアリ・マカ・クラチャイダムのアルギニン含有量を徹底比較

アルギニン

精力サプリメントによく使われていて、効果が高いと言われる植物は、「トンカットアリ」「マカ」「クラチャイダム」などがあります。

この3つは期待できる効果がよく似ていて、よく比較されます。

男性の性機能の回復や向上に効果が期待できる可能性がある成分としては、最も希望が持てる成分の一つである「アルギニン」。

もちろん「トンカットアリ」「マカ」「クラチャイダム」にも含まれています。

アルギニンの効果は、性機能改善、疲労回復、成長促進、免疫力向上などがあります。

では「トンカットアリ」「マカ」「アルギニン」それぞれのアルギニン含有量を比較して、それぞれの効果を検証してみましょう。

 

アルギニンとは?

アルギニンはアミノ酸の一種です。体内でも合成されるため、準必須アミノ酸に分類されています。

しかし、年齢を重ねると共に体内での生成量が減るため、大人も食事から十分摂ることがすすめられています。

また成長期の子供は十分な量が体内で合成されないため、食事で補給する必要があります。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、男性の活力をアップ、筋肉や骨格の成長、疲労回復などを促進します。

 

3大精力サプリ「トンカットアリ」「マカ」「クラチャイダム」のアルギニン含有量を徹底比較

ではそれぞれのアルギニン含有量を比較して、それぞれの効果を検証してみましょう。

トンカットアリのアルギニン含有量は?

トンカットアリは東南アジアの
ジャングルに自生する植物ハーブの一種です。成分は以下の通りです。

  • グリコサポニン:代謝の活性化
  • ユリペプチド:コレステロールをテストステロンに変換
  • ポリサッカライド:免疫力向上効果
  • カシノイド:リラックス効果・抗腫瘍性や抗癌性への研究がされている
  • アルカロイド:鎮痛剤などに利用される成分
  • ステロール:コレステロール値を抑える効果
  • テルペノイド:リラックス効果
  • アルギニン:血管拡張効果
  • 亜鉛:免疫力・ホルモン分泌向上

主に上位4つの成分が多く、グリコサポニン40%、ユーリペプチド22%、ポリサッカライド20%で構成されています。

残りの18%が他の成分の含有量なので、アルギニンはそれほど大量に含まれているわけではありません。

マカのアルギニン含有量は?

マカは南米ペルーが原産のパーフェクトフードと呼ばれるハーブの一種です。

  • ミネラル:カルシウム、鉄、亜鉛
  • アミノ酸:アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、プロリン、セリン、トレオニン、チロシン、バリン

マカの場合はアミノ酸とミネラルが豊富なことが特徴です。

よってアルギニンの含有量はトンカットアリより豊富だとわかりました!

特に精力面で注目されているのが亜鉛とアルギニンの配合量の多さから、精力剤に利用されています。

クラチャイダムのアルギニン含有量は?

クラチャイダムはタイを原産とするショウガの一種です。黒ウコン、ブラックジンジャーと呼ばれることもあります。

  • ミネラル:亜鉛、カルシウム、鉄、カリウム
  • ポリフェノール: アントシアニン、クルクミン、ポリメトキシフラボノイド、テクトクリシン、ルチン、ゲンクワニン、レツシン、アピゲニン、アヤニン、クリシン、その他7種類のフラボノイド
  • アミノ酸:アルギニン、リジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、グリシン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸

クラチャイダムは豊富なアミノ酸にプラスしてポリフェノールも多く配合されています。

精力で注目されているアルギニンの含有量がマカの2倍以上もあります!

よって3つの内、アルギニンの含有量が多いのはクラチャイダムがダントツだとわかりました!!

 

アルギニンの効果と効能は?

  • 成長ホルモンの合成
  • 促進性機能改善(EDを改善)
  • 疲労回復
  • 免疫力向上
  • 身長を伸ばす

アルギニンは精力や勃起機能の改善に効果の高いアミノ酸です。

アルギニンは動脈硬化、高血圧、痴呆、骨粗しょう症、胃潰瘍、肝障害などの生活習慣病を予防改善しています。そして活性酸素を除く役割も果たしています。

血管障害に関しては、アルギニンが体内での一酸化窒素の生成を助けて、血流を改善させることで、精子の量や運動性をあげる効果が期待されています。

また、アルギニンは、老化や老化が引き起こす病気の大きな原因の一つといわれている「糖化」を強力に抑えます。

「糖化」は糖尿病合併症、動脈硬化、シミ、シワなどを引き起こす主要な原因の一つとして考えられているので、そういった病気や老化を予防改善するのに効果があると言えます。

またアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進します。全身の代謝を促進し、脂肪の減少や筋肉の増加、骨の強化など、身体の若返りに効果があります。

アルギニンは鶏肉、大豆、エビ、マグロなどに多く含まれています。アルギニン配合のサプリメントや栄養ドリンクも開発されています。

 

アルギニンを摂取する際の注意点

成長ホルモンは午後10時~午前2時の間に多く分泌されるので、就寝前にアルギニンを摂っておくと効果が高まるでしょう。

夕飯に肉、魚などの動物性タンパク質、又は豆類の植物性タンパク質をバランスよく摂取すると良いです。

バランスの整った食事を毎日摂るのが難しい場合は、サプリメントや栄養ドリンクを就寝前に飲んで補給してみましょう。

運動能力アップのためには、筋力トレーニング前後に摂ることで、筋肉アップを助けます。

天然のアミノ酸のため、食品で摂取する分量での危害の心配はありませんが、サプリメントや栄養ドリンクで補助する場合は過剰摂取に気をつけてください。

ぜんそくやアレルギー体質の子供は、過剰に摂取すると、症状を悪化させる危険性がありますので、注意が必要です。

またアミノ酸は単体で過剰に摂ると、アミノ酸のバランスが崩れ、せっかく摂取しても体内で有効に活用されません。

特定のアミノ酸だけを過剰に摂取すると、逆に体はアミノ酸を相対的に欠乏している状態(アミノ酸インバランス)を引き起こし、アミノ酸の効果が低下してしまいます。

不足しているアミノ酸を補足する効果はタンパク質の栄養価を改善するのが良い方法です。

 

まとめ

アルギニンの含有量を見ると、クラチャイダムが圧倒的に多いことがわかりました。

トンカットアリもマカもクラチャイダムは似ているようで、含まれている成分はそれぞれ違います。

最近ではトンカットアリとマカを併用したサプリも出ています。

目的や用途に合わせて自分に合うサプリメントを選びましょう。

そして最大限の効果を実感するために、容量と飲み方をよく守って摂取しましょう。